家を売却する際にリフォームを行うメリット・デメリット

長崎の東長崎地区で不動産会社を営んでおります、プラステート株式会社の本村です!

今回は
【売却するときにリフォームをした方がいいか】
について書いていこうと思います。

不動産売却時にリフォームを検討している方は結構いらっしゃると思います。

理由としては

  • 古い家のままだと売れないのではないか?
  • リフォームした方が高い価格で売れるのではないか?

などがあるかと思います。

リフォームを行うメリット

メリットはやはり『高く売れる』可能性があることです。

住宅は年数が経過するに連れ、自然損耗や生活キズなどによって劣化が進んでいきます。

特に床や壁紙(クロス)は目立ちやすく、交換することで見栄えが良くなり査定評価にもプラスとなります。

水廻りなども、ハウスクリーニングである程度はキレイに出来ても、キズなどは消えません。蛇口など小さな部分を交換することで、好印象を与えることが出来ます。

リフォームを行うデメリット

デメリットは『リフォームに掛けた費用を回収出来るとは限らない』ということです。

例えば、1,500万円をリフォームせずに売却した場合、初期投資額は必要ありません。逆に、売却するにあたり、500万円のリフォームを行うと、500万円の初期投資が必要な上に、2,000万円以上で売り、リフォーム工事代を回収したいと考えるのが普通です。

ですが、500万円のリフォームを行ったからといって、必ず2,000万円で売れる保証はありません。

この保証がないというところがデメリットとなります。

結局どっちがいいの?

弊社の答えとしては、リフォームをせずに売却です!

但し、軽微な修理やキズや壁紙(クロス)の交換はした方がいいです。

デメリットである、『リフォームを掛けた分だけ高く売れる保証がない』以上、先行投資を行うリスクを負う必要はないと考えます。

しかも、リフォームは個人の好みなどもあるので、良かれと思って行ったリフォームが売却時のネックになることも。

まとめ

売却するときに大規模なリフォーム工事は不要、むしろ、ハイリスク。

いかがだったでしょうか?

売却の検討に入ると多くの方がこのようなお悩みを抱えています。

場合によってはリフォーム代を税金対策として考えられている方もいらっしゃるようですが、ケースバイケースのようですので、税務署や税理士にご相談くださいね。

今回もお読みいただきありがとうございました。

弊社では、『自社買取り』『一般消費者への紹介(仲介)』『全国の不動産投資家へ紹介(仲介)』を行うことにより、不動産の売却、処分などお悩みの方のサポートをさせていただいております!

不動産の問題でお悩みの方がいらっしゃいましたら、どうぞお気軽に弊社へお声掛けください。

相場・査定依頼はこちら!

まず、物件の周辺相場を調べることをおすすめします。地域間によっても価格に違いが出ますので、近隣で似たような条件の不動産の価格がいくらくらいなのかを把握します。どうやって調べればいいの?という方に、当社にご依頼いただければ簡単な項目を入力していただくだけで相場をお調べしてお知らせしております。もちろん、相場価格を飛ばしてすぐに査定を依頼したいという方、またご相談だけされたいという方もご依頼お待ちしております。

CONTACT

お問い合わせ

プラステートは各専門家と提携しているため、
お客様のお悩みをワンストップで解決できます。

長崎県内(長崎市・諫早市・東長崎地区・大村市・長与・時津)で不動産売却・購入をお考えならプラステートにお任せください。売却成約率100%、特に不動産買取には自信がありますのでお気軽にご相談ください!また、売却に関する税金、登記変更や権利関係、相続による遺産の分割や離婚による財産分与について、境界や測量に関してなど、不動産にまつわるお悩みは何でもご相談ください。当社では各専門家(弁護士、司法書士、行政書士、土地家屋調査士、税理士)と提携し、プラステートが窓口となってワンストップサービスをご提供し全力でサポートします。その他にも遺品整理、残置物処分、引越しなどについても提携業者がおりますので安心してご相談ください。

LINEで相談する → メールで相談する → 

お電話でのお問い合わせ 095-865-8460
営業時間 9:30~18:00 定休日 水曜